不動産投資と修繕義務

バナー

不動産投資と修繕義務

不動産投資に興味がある方は実際に多くなってきています。
安定した現金収入と、不動産の安定した価値というものにはかなりの魅力が詰まっています。


これからも大いに注目をされていかれる部分になっていきます。

そこでその不動産投資についてなのですが、実は修繕義務というものに注目していくことが必要です。

不動産投資をしますと、土地や建物のオーナーになります。

そのオーナーにならうということなのですが、その土地や建物を貸し出しまして、賃料をいただくという収入システムがあります。そこで問題なのが、修繕です。


その土地と建物についてなのですが、特に建物につきまして、何かしらの問題が出るということがあります。そういった時に修繕をしなければいけないのですが、その費用は不動産投資をしたオーナーにあるのか、それとも入居者にあるのか、という問題があるわけです。

不動産投資のマンション情報をほぼリアルタイムに更新、紹介するサイトです。

実際には、どのようなシステムになっているのかと申しますと、基本的には修繕義務はオーナー側にあります。

もしも修繕をしなければいけないようなものがありましたら、不動産投資をした側が自分の持ち物ですので、その修繕を行っていただかなければいけません。


ただし、それには一定の基準があります。100パーセントではないということです。

例えば、入居者の落ち度などによるようなものが原因であった場合には、修繕費用はオーナーではなく入居者が払うものになっているというわけです。



修繕にかかった費用につきましては、入居者に請求ができまして、結果的にその修繕費用はオーナーが負担しなくても済むものになっているということになっています。

不動産投資を行う方にとりましては、修繕義務は大きな存在です。

家賃収入の一部を修繕積立金として確保していくのがお勧めです。
長期的な経営になることが多い不動産投資ですので、その点についてはよく考えて対応しましょう。



修繕費用は少なからず新築であってもかかってくる可能性はあるということがありますので、やはり積立金による対策がお勧めです。